USJ QUEST THE ESCAPE

 
 
 
幽霊船から脱出できなかった晩は、USJのホテルに泊まりました。
 
そこら中、ミニオンだらけ~(*´ω`*)
 
 
 
 
 
もちろん、ホテルのためだけにUSJに来たわけではありません。
 
翌日はUSJを堪能しました。
 
 
 
 
 
まずは、DRAGON QUEST THE REALへ。
今回の第1の目的は別にあるのですが、でもこれにも参加したかったんですよ。
パーティーを組んで、モンスターを倒していき、最終的には竜王に挑みます。
普通に選べる職業は限りがあるのですが、時間指定と一緒に特殊チケットを買ったので上級職業も選べるようになりました。
お陰様で楽々レベルも上がりましたし、竜王も無事に倒すことができました。
ただ、ネットで見てるとドラクエ関係のいろんなネタがあったらしいのですが、気づかず終わりました。
 
 
 
次は、ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショーへ。
前回USJに来たときにウォーターワールドに行きましたが、こちらのショーも面白かった印象があるから、また来たかったんですよね。
 
 
 
 
 
そして、今回の大本命。
 
コナン THE ESCAPE
 
リアル脱出ゲームですね。
USJでのリアル脱出ゲームは1年前にデスノートで参加しましたが、その規模の大きさと設定の作り込み加減にまた来たいと思っていたのです。
ゲームの前後は実写劇が繰り広げられるのですが、これがまぁ秀逸なんですわ。
 
平次が本当に格好良いのです(σ≧▽≦)σ
 
結果はぶっちゃけるとコナンのお家芸、爆発に巻き込まれちゃうわけですが(失敗)、その悔しさよりも何よりも、この前後のクオリティの高い劇が見れただけで実は満足してたりします。
 
あれ、演じたのは誰だ!?
 
 
 
 
 
そういえば新しくミニオンのエリアもできましたね。
できたばかりなので特に人も多く、見るくらいで終わっちゃいましたが。
あ、お菓子は食べましたよ。
 
 
 
 
 
どんどんいろんなものとのコラボを発表してますよね。
セーラームーンともコラボするらしいし、コナンはまたリアル脱出ゲームをしてくれるそうじゃないですか。
間違いなく、また行きますね。
 
 
 
スポンサーサイト

勇者ヨシヒコと魔王の城

 
 
 
『勇者ヨシヒコと魔王の城』を観ました。
気になっててDVD-box買ったは良いものの、ずっと放置していたのです。
 
 
 
いやはや、面白かった。というか馬鹿過ぎる。
何度、お茶やら米やらを吹き出したことやら(でも懲りない)
ドラクエをパクってるってのは知ってましたが、調度ドラクエ11を始めた直後に観たもんで、最初の戦闘がスライムやら、村の壺を割っていくとか、他人事とは思えないwww
 
 
 
脚本家や監督もすごいと思うし、メレブの微妙な呪文を考えた人もすごいし、あの微妙なメンバー演じた人達もすごいですが、何よりヨシヒコの真面目ボケっぷりを熱演した山田孝之が1番すごいと思います。
ヨシヒコとは関係ありませんが、PS4やドラクエのCM好きです。
 
 
 
『悪霊の鍵』も観終わりまして、『導かれし七人』もそのうち観ま~す( *・ω・)ノ
 
 
 
というか、映画化すりゃ良いのに。
 
 
 

ある幽霊船からの脱出

 
 
 
最近、最低でも月1回はリアル脱出ゲームに参戦してるような感じです。
 
 
 
戦歴?
そんなの聞くなよ。
 
 
 
 
 
今回感想で語るのはこちら。
 
ある幽霊船からの脱出
 
 
 
気がつくと、あなたは船の中にいた。 
しかし、ある違和感を抱く。
ひとりでに動く館。
視界を覆う霧。
どこからともなく聞こえる、不協和音。
どうやらあなたは、この恐ろしい幽霊船に閉じ込められてしまったようだ。
行き先は、死の世界。
目的地に着いた時、あなたは死ぬ。
あなたはこの幽霊船に隠された、すべての謎を解き
ここから脱出することができるだろうか?
 
 
 
 
 
最初の問題で大コケしました。
そこからはスピーディーに進み、巻き返せたと思っていたけど、やっぱり時間的ゆとりが足りず幽霊船の住人になりました。
後は、やっぱり細かいところにも気を巡らせないと駄目ですね。
毎回これで失敗してる気がする……。
 
 
 
てか、純情かよ(# ゜Д゜)
 
 
 

LAYTION'S MYSTERY JOURNEY【後編】終

 
 
 
何か大きな事件が起こるかと思いましたが、そんなことはありませんでした。
 
 
 
【エピソード09;アスポワロのロンドンの休日】
 
妻の誕生日を仕事のせいですっかり忘れていたアスポワロ警部。
急いでプレゼントを用意しようとしますが、なんとこの日は働いてはいけない日だとかで、お店はみんな閉まってる状態。
なんとかならないかとカトリーに助けを求めに来たわけですが……、レイトン教授ではなかったタイプの事件(?)ですね。
 
 
 
 
 
【エピソード10;ノア君の日記】
 
カトリーの助手として、献身的(盲目的?)に彼女を支えるノア君。彼とカトリーとの出会いの話となります。
舞台はノア君が入学したグレッセンヘラーカレッジです。
ここはレイトン教授が働いていた大学でしたね。
カトリーは生徒ではないものの、大学に用があったようです。
それってつまりお父さんにってことですか?いよいよ教授、登場しちゃう?
 
って、行方不明中ですか教授(゜ロ゜;ノ)ノ
 
それにしてはカトリー、やけに落ち着いていますね。
まぁ、これまでのシリーズやってると、黙って事件追いかけて連絡なく家を不在にするなんて普通にやってそうですもんね、あの教授なら。
ルークなら知ってそうですよね、むしろ大人になって改めて助手してて、一緒に行方不明になってそうです。
 
 
 
 
 
【エピソード11;逃亡者カトリー】
 
近所のショップの店長さんが殺害された。彼女と最後に会ったのはカトリーというわけで、カトリーが容疑者にされてしまいます。
カトリーを庇ってくれるアスポワロ警部と対峙するのは、この話のみに登場するプリトニアス。
とはいえ、周囲の人はみんなカトリーの味方なので、1人の捜査でもすんなり進んでしまいます。
それよりも、球体に追いかけられた意味があるのかが気になります。
 
 
 
 
 
【エピソード12;富豪王アリアドネの陰謀】
 
レイトン探偵社と7人の富豪達の元に、『富豪王アリアドネ』と名乗る人物から招待状が来ます。
内容はゲームをし、負けたときは財産を放棄するようにと。カトリーにはその見届け任になるようにとのことでした。
一方的な要求ですが、7人の富豪達は全員応じてしまいます。
どうやら、応じなければならない背景が7人にはあるようです。
サブタイトルに説得力を持たせる今話、これが最終話となります。
とはいえ、今作は短編集のようなものなので、正直これまでのレイトン教授シリーズを思うと内容が薄い気がします。
というか、富豪王アリアドネの正体もレミさんやデスコールのことを思うと、予想はできてましたし「やっぱりね」くらいの感想しかありません。
 
 
 
 
 
これで、LAYTON'S MYSTERY JOURNEYが終わったわけですが……
 
 
 
正式続編って言ったちゃって本当に良いの!?
 
 
 
 
 
確かにナゾには大変満足していますが、肝心の本編。
さっきも書きましたが、短編形式なので1話1話がすごい軽い。
これまでのレイトン教授シリーズって長編のくせして先の展開がものすごく気になる作りだったのに、今回は短編なのに途中でダレてしまい苦痛でした。
 
後、キャラクターが好きになれない。
主人公のカトリーはあの、あの!!レイトン教授の娘だというのに淑女感が全くない。教授のように「英国淑女としてはね」って言うけど、似合ってない。偉そうで、食い意地はって、適当な性格ですし。
助手のノア君もそんなカトリーが大好きなもので、カトリーの言うことが全てです。
アスポワロ警部もカトリー信者なので、なんというか会話に締まりがありません。
シャーロが一応ツッコミ役と思われますが、大抵流されるので効果としては本編並に薄いです。
なんでしょう、レイトン教授とルークやレミさんのコンビに比べて、今風に大変コビ売った気がするキャラクターです。
頭脳明晰な可愛い女の子が奇抜な言動で周囲を振り回しつつ事件を解決☆なんて、ラノベで充分だわ。むしろラノベだと助手は振り回されつつ、ツッコミをちゃんとしてくれたり突出したスキルがあったりする分、凸凹感というか締まりがあるわ。
 
そして結局登場しなかった以前のレイトン教授シリーズのメインキャラ達。
いや、良いんですよ。教授とは違う、カトリーの物語として確率させたかったのでしょう。
それならば『教授の娘』『正式続編』という以前のプレイヤーを釣るようなことはしなければ良いのに。
それならば上の感想も違うものになっていたでしょうよ。
 
そして、シャーロって結局何なの!?
 
きっと、最後の会話とかから考えるに、続編出す気満々で、そこではっきりさせるのでしょうが、それでも手がかりくらいは出して欲しかったです。全く、何も進展しないって、探偵としてどうなの。
それならシャーロ、別に今回登場しなくて良かったんじゃないかな。
ツッコミ役としても弱いし。
 
 
 
不消化気味に終わったので、アプリのほうにもいつか(せめて続編出る前には)手を出したいですね。
あっちはなかったことになれるのでしょうかねー。
 
 
 
 
 
 

コナン女子会

 
 
 
今年のコナンの映画『から紅の恋歌』が発売されましたね。
 
 
 
コナンカフェと一緒に、悟と観に行ったことは以前書きました。
その後、今年の映画を気にしていた氷菜城が行ったところ、まさかのドン嵌まり。
これまでコナンなんぞ全く興味なく、映画に怪盗キッドが出るから行きたいと言ったところで付き合ってくれず、去年のコナンカフェだってあんまり乗り気じゃなさそうだった氷菜城が、今や自分以上にがっつりと複雑なコナンの人間関係を網羅するくらいハマっております。
 
 
 
その当初、他のコナン映画も観たいな~っということで、劇場版のDVDを持ってカラオケに籠ったのですよ。
最近のカラオケは歌うだけでなく、大きな画面を視聴に使えるのも良いですね。
 
 
 
ちなみに『から紅の恋歌』が21作目となる名探偵コナン。どの作品を観るか悩むところですが(自分は怪盗キッド登場作品のみ、氷菜城は『から紅の恋歌』と映画直前に金曜ロードショーでやってた『迷宮の十字路』のみ)、選定条件にてあっさり決まりました。
 
服部平次が出て、かつ怪盗キッドが出る作品。
 
 
 
 
 
①天空の難破船
 
ちなみにこちらのDVDはレンタルではなく自前です。
やっぱり怪盗キッドは格好良いね、改めて黒羽派万歳と叫びたい(*´ω`*)
 
そして映画後の感想というか会話。
 
氷菜城「コナンはいつからアクション映画になったの?」
 
自分「コナンは元からアクション映画だけど?」
 
間違ったことは言ってないよな?
 
 
 
②探偵達の鎮魂歌
 
映画公開のときは怪盗キッドが登場してるなんて知らず、後日観に行ったポンズから登場してたことを聞き、大変後悔した作品。
途中、白馬と服部が別れたときにコナンは白馬のほうに行ってたけど、あれは正体に気づいてたからかな。
 
で、観終わった後の会話。
 
氷菜城「コナンって、毎回爆発してないか?」
 
自分「ちょっと待て。私の数少ない記憶を遡って……、全部爆発してんな。」
 
コナンはアクション映画じゃなくて、爆破映画でした。
もはやお家芸だよな……。
 
 
 
③から紅の恋歌
 
本当はDVDを3枚借りる予定でしたが、2作品が終わる時間帯にちょうど放映してるってことで、氷菜城の希望で2回目行ってきました。
怪盗キッド登場しないのに、まさか2回目行くとはな……。
でも話を知って観るので、細かいところを気にできるというのは良いですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところで今更だし、「なんで2回 も観て分かってないの!?」と言われそうですが、元部下で指輪してた実行犯のおっさん。
きっと自分が殺されるとは思ってなかったんでしょうが、それまではなんで従ってたんでしょうかね。
借りがあるからか、彼自身も奥さんに想いがあったのか、よくある弱味を握り握られてたのか。
 
 
 

LAYTION'S MYSTERY JOURNEY【中編】

 
 
 
【エピソード03;怪事件ニューシネマパラダイス】
 
ノア君が当てた映画『愛のサブマリンアタック』の試写会に来たカトリー達。
しかし肝心の映画のクライマックスが盗まれるという事件が発生します。
この話では街を牛耳ってると言われている7人の大富豪達が登場します。
立派な映画館の館長や、前話でも登場した市長も富豪の1人でした。
ここでは市長から前回の解決のお礼にと、カトリーが衣装チェンジできるようにしてくれます。
各話でゲットレできる特別なコインと衣装を交換できるようになってますが、これまでのシリーズをやってるプレイヤー的にはコインを見つけるのに何ら苦はありません。
ちなみに自分が気に入ってるのは、こちらの『レトロセットアップ』です。
 
 
 
 
 
【エピソード04;摩天楼は猫色に】
 
7人の富豪の1人から、家族を探して欲しいと依頼がきました。
しかし彼女が頼みたかったのは、カトリーではなく父のレイトン教授のほう。
教授に代わって、カトリーが挑みますよ。
 
 
 
 
 
【エピソード05;寂しがり屋のゴースト~ロンドンの幻】
 
エピソード4と解決したことで、7人の富豪達からもカトリーの存在が一目置かれるようになりました。
今回は、その富豪の1人から自身の住む屋敷に出るゴーストをどうにかしてくれと。
あ、この衣装もお気に入りでして。
小林少年というか、ちょっと昔の少年探偵という感じがするんですよね。
 
 
 
 
 
【エピソード06;1億ポンドは風と共に去りぬ】
 
7人の富豪の1人の銀行から、1億ポンドが盗まれました。
世間に知られれば銀行の信頼にも関わるため、内密に、そして素早く真相を調べることとなったカトリー達。
このカトリーの事件簿、なんというか予想外というかキテレツなオチが多いような気がするのですが、この事件だけはカトリーが解決する前にオチに気づけました。
 
 
 
 
 
【エピソード07;ラットマン・リターンズ】
 
ロンドンタイムズ編集部から依頼されたのは、ロンドンて活躍するヒーロー・ラットマン。
しかし少し前からぱったりと姿を消してしまった彼を探して欲しいというものでした。
覆面のヒーロー・ラットマン。正体だけなら、意外と最初に気づくことができました。
あ、この話も7人の富豪の1人が登場しますよ。
 
 
 
 
 
【エピソード08;テムズの女神は二度微笑む】
 
小型の客船で短い船の旅を楽しむカトリー達。
その最中に開かれた宝探しゲームの途中で、船に飾られている純金の女神像が盗まれてしまいます。
今回の客船を中心に、船でいろいろ商売としているのが7人の富豪最後の1人となります。
そして客船ということで、カトリーにはちょっとお嬢様っぽい格好にしてみました。
 
 
 
 
 
そういえばこのゲーム、サブタイトルが『カトリーエイルと大富豪の陰謀』でしたね。
大富豪というのはこの7人の富豪達のこととして、『陰謀』というのは何なのでしょうかね。
これまでの事件は彼らの陰謀というか、どっちかと言えば彼らは被害者的立場でしたが(何人か違うけど)
まぁ、これまでの話はそれぞれの顔合わせ的なもので、これから何か大きな事件でも起きるんですかね。
 
 
 
 

美女と野獣

 
 
 
もうDVDが発売されようとしていますが、
 
 
 
美女と野獣観てきましたよ。
 
 
 
 
 
アニメのほうで展開もオチも知ってるのに、目が離せませんでした。本当に良かった。
 
ベルの家だとか、からくりだとか、野獣の城だとか、細かいところまで整えられた世界観はさすがといったところです。
ベルと野獣がホールで踊るシーンは最初、「なんか狭くない?ここはアニメのほうがすごかったな~」と思ったのですが2人がターンしてカメラワークが変わったところでホールの奥行きやら明かりがバーンって出て、「いや、こっちもすごいわ」ってなりましたもん。
 
でも最初の野獣の呪いがかけられるのは実写でちゃんと場面が描かれるのは分かりやすくて良かったけど、個人的には絵本っぽく語られるアニメのほうも好きですね。
 
ルミエール他、城の使用人達はアニメよりもキャラが作られてましたね。
というかポット夫人、旦那さんいたんだ……。旦那も、奥さんのこと忘れてんなよ……。呪い、強力過ぎるだろ……。
ベルの父親もアニメよりしっかりした良識人でした。
後、ガストンがアニメより格好良く、嫌な感じにヴィランしてました。
ここらへんは断然アニメより実写のほうが好き。
 
 
 
そういえばアラジンも実写化するんでしたっけ。
アラジンが1番思い入れのある作品なので、気になりますね。
 
 

LAYTION'S MYSTERY JOURNEY【前編】

 
 
 
今回からはこちらのゲームをプレイしていきます。
 
 
 
LAYTON'S MYSTERY JOURNEY
カトリーエイルと大富豪の陰謀
 
 
 
レイトン教授シリーズの正式続編となるナドトキファンタジー・アドベンチャーです。
これまで主人公だったレイトン教授の娘であるカトリーエイル(通称カトリー)が新たな主人公として物語繰り広げられます。
 
 
 
ところで教授の娘って……、確かアプリゲームでは教授の息子さんもいましたよね。
彼とも関係はあるのでしょうか。
そして娘ということは、教授には奥さんがいることになりますが、誰なのか。
だって『最後の時間旅行』で恋人が亡くなってるのは分かってますし、アロマでしょうか。
それに娘が主人公できるほど成長しているということは、他のみんなはどう変わってるのでしょうか。
ルーク、登場するならボイスは小栗 旬でしょうか。
レミさんも気になるし、アロマも気になるし。後は、ゆでたまごをゆでた孫さんとか。
 
 
 
そこらへんの謎を解明するために、いざプレイスタート( *・ω・)ノ
 
あ、発売してそんなに経ってないのでプレイ紀はあっさりでお送りしたいと思います。
 
 
 
 
 
【プロローグ;未知なる犬との遭遇】
 
カトリーがレイトン探偵社を始めるところから話は始まります。
 
記念すべき最初のお客様はなんと犬。
 
しかもこの犬、人の言葉を話すことができます(正しくは聞こえる人と、聞こえない人がいます)
さて犬の依頼はというと、自分の謎を解いてくれというもの。
犬である自分が人の言葉を話せるのはおかしいと思っているものの、どうして話せるかとか、どこでどうやって過ごしてきたのかが全く思い出せないのだそう。
とはいえ手がかり全くありませんからね、気長に調査していくことにしましょう。
 
 
 
 
 
【エピソード01;時計仕掛けのスウィーツ】
 
知り合いのアスポワロ警部が駆け込んできました。
あ、カトリーにいるのはノア君といいまして、カトリーに惚れて押し掛け助手をやっている青年です。
今回アスポワロ警部がカトリーに解決して欲しいと頼んだのは、無くなったビックベンの針を探すことでした。
ここで懐かしい人と再会しました。
 
マルチノのポポンチョ売り(ウサオ)
 
なんか、老けましたね……。
ポポンチョを世界に広めるためにロンドンにやってきているようですが、全く不人気のようです。
こういうのって、マルチノでちゃんとポポンチョの由来が分かるからこそ売れるもんだと思うんですよね。
 
 
 
 
 
【エピソード02;ある愛の詩リバーサイドフェスティバル】
 
リバーサイドで伝説を真似たかのように男女が行方不明となりました。
事件の調査を、美人女市長からお願いされますよ。
ここから新たな人物も登場します。
カトリーのことを『イカサマ探偵』と呼ぶ、真面目なプロファイラー・ジュラルディンです。
最初登場したとき、髪型がちょっと似てるなとは思いました。
 
今作でも、画面のいろんなところをタッチして探すとコインやナゾなんかが隠れています。
そして、コレクションしていける可愛いアイテムも。
これまでのシリーズをしている方にはちょっとクスッとなるアイテムや、こんなものまで。
 
こ、コマジロー(゜ロ゜;ノ)ノ
 
 
 
 

今年もやってくれましたね

 
 
 
今年も広島東洋カープが優勝しましたね(σ≧▽≦)σ
 
しかも2連覇、絶好調ですね。
 
 
 
とはいえ、地元での優勝を逃すのは去年と同様でしたね。
やっぱり、ここぞってときのプレッシャーに弱いのは、もうカープの宿命なんじゃないでしょうか。
 
というわけで、今年の優勝も実家で見届けることになりました。
そのためカープ優勝でいろんなところが特典をやってましたが、今年も参加せずに家でゴロゴロしてました。
 
 
 
 
 
そういえば、駅前福屋で今年新しくお店ができてたんですよね。
そこで開店祝いケーキの他、こんなケーキも出してました。
 
広島東洋カープ応援ケーキ
 
期間限定だったので今はないのですが、来年の3連覇に向けてまた出してくれませんかね。
 
 

さいたまスーパーアリーナ旅行紀【東京】

 
 
 
最終日は東京駅でお土産を買い漁ってました。
 
 
 
 
 
昼食は東京駅から出て、赤レンガがレトロな雰囲気を醸し出すcafe1894へ。
以前も行ったことありますが、今回はチギ嬢も一緒。
 
そして前回はおやつでしたが、今回は昼食をいただきました。
 
 
 
 
 
そんな感じで今回も、特に観光はしないものの充実だけはした旅行でした( *・ω・)ノ
 
 
 
プロフィール

東沢 江璃

Author:東沢 江璃

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR